アメリカ一周走破!

アメリカ一周走破!

07/26/2018 0 投稿者: モーくん

ついにやりました!

アメリカ一周走破しました!!!!

ということで、大きなトラブルもなく無事故無違反で先日カリフォルニアに帰還したことをご報告させていただきたいと思います。

この記事では、簡単にこの旅の総まとめを写真で振り返っていきたいなと思います!

近々Youtubeに旅動画もUPするので、ぜひ見てもらえたら嬉しいです(^^)

また旅中毎日配信したDailyログもFacebook page @mokunに全てUP済みなので、旅のより生の雰囲気が見たい方はぜひそちらもチェックして見てください!

旅概要

6/22-7/14 23日間

総走行距離 約13,000km (8,000 miles)

日本列島(3,000km)の4倍以上

通った州 29州+District Of Colombia

    • California
    • Nevada
    • Utah
    • Wyoming
    • Nebraska
    • Iowa
    • Illinois
    • Indiana
    • Ohio
    • Pennsylvania
    • New York
    • New Hampshire
    • Maine
    • Massachusett
    • Rhode Island
    • Connecticut
    • New Jersey
    • Delaware
    • Maryland
    • D.C.
    • Virginia,
    • North Carolina
    • South Carolina
    • Georgia
    • Florida
    • Mississippi
    • Louisiana
    • Texas
    • New Mexico
    • Arizona

2014年にRoute66でのアメリカ横断、2015年、2018年に西海岸縦断を制覇してるモーくんにとって唯一の心残りは東海岸縦断でした。今回の一周は東海岸縦断をどうせやるなら一周して全米のいろんな都市を回ってみようというアイデアからスタートしたのです。

旅の相棒

まずはこの旅中、一度も壊れることもなく安定の走りを見せてくれた愛車を紹介します。

愛車 北米TOYOTA AVALON XLS 1997

西海岸縦断最速「木こりのアバロン」の異名を持つ。三年前シアトルで中古ディーラーから無理やり$4000で購入したTOYOTAのフラッグシップセダン。サイズはレクサスLSとほぼ同じなのでかなり大きい。97年式だからってナメてもらっちゃあ困ります。エンジンはV6で排気量3000cc、駆動形式はFF。クルーズコントロール、パワステ、パワーウィンドゥ、本革製パワーシート。小回りは効かないが、4ドアで車内・トランクも広々していて、その大味でゆったりとした乗り心地がたまらない。総走行距離は買った時点ですでに170,000km越え。アメリカ一周で220,000km越え。日本だったらとっくに廃車だが、さすが世界のトヨタ。20年以上前の車にも関わらず、特に目立った不具合もなく現役バリバリで走る。冷房は壊れている。もう一度言う。20年以上前の車にも関わらず、特に目立った不具合もなく現役バリバリで走る。冷房は壊れている。ちなみに車内の温度は夏場45度を超える。

クルー

モーくん

旅の発案者にしてこのブログの運営者。数々のクレイジー記録を作ってきたミスタークレイジー。好きな歌手は松田聖子。

John

某慶應大学のイケメン。大学での居場所がないため慶応中退を決意したクレイジー野郎。趣味はキッチンコンロの掃除。

TAKE

野球部出身にして野球バカ。いきなり一人でアイスランドに行っちゃうクレイジー野郎。妹は某甲子園出場校のチアらしい。

三人のクレイジーが集まる時、そこにクレイジーな旅物語が生まれる。

いざ行かん、地球を走り、太陽を感じろ!限界に挑め。

コンセプトはスキミング

そもそも元のプランでは24日間(4日間DCにStayなので実質20日間)で全米を細かく見て回れる訳がありません。笑

でもそれで良いのです。今回の旅のコンセプトはズバリ「スキミング」。つまり軽く全米の都市から都市を流し見して自分のお気に入りを見つけたら、また帰ってくれば良いというスタンスです。

なので観光において無理はしないで、とにかく一周を無事に走破することが最終目標でした。

モーくんもお気に入りの都市を見つけることができたので、それは後々ランキングで発表したいと思います!

主に訪れた場所

いざ出発!

Las Vegas, Nevada

6/22

 

本当に残念ながら持参していた4TBのポータブルHDDが壊れたためシカゴ前のデータがない状態です。

(どなたか復旧方法を知っていましたら教えてください泣 やはり業者に頼むべきでしょうか?)

なのでベガスの写真もこれだけしかありません。ただひたすら暑かったのを覚えています。笑

もちろんカジノに行く余裕などはなく、スルーしました。ベガスの町外れにあるエルサルバドルレストランでエルサルバドル料理を食べたのが一番の思い出です!笑


Salt Lake City, Utah

6/23

まさかのUCRの友達のJamesくんにもレンタカー屋で再会しました。

モルモン教徒が人口の大多数を占めるユタ州はとにかく緑豊かで綺麗でした!そして街の治安もとても良さそう。かなりリッチな印象です。ユタ大学は良いキャンパスでした。ソルトレイクの湖畔には謎の虫が大量発生してました。笑


Chicago, Illinoi

6/24

摩天楼・風の街・いろんな呼び名があるシカゴ。やはりシカゴのビル群はかっこいいです。

あの有名なシカゴピザはもはやピザではなかったw本当にヘビーです。一枚で十分です!!!

四年前の横断の際に撮った場所と同じRoute66 Begin pointにて。アメリカ留学を決めるきっかけにもなったRoute66のことを思い出して勝手に一人で感動してました。

こちらが四年前2014のRoute66アメリカ横断旅の写真です。この四年は自分の中でもかけがえのない時間だなあと実感しています。


Niagara Falls, New York

6/25

世界三大瀑布ナイアガラの滝に行ってまいりました。

滝クルーズにも行ってびしょぬれ!

やはり迫力がハンパなかったです。個人的にアーティストの大瀧詠一さんが大好きなので、彼の苗字の由来やレコード会社名にもなったこの「ナイアガラ」を前に「君は天然色」を頭の中で流してニヤニヤしていたモーくんでした。笑


Hampton Beach, New Hampshire

6/26

ニューハンプシャー州で寄った大西洋のビーチ「ハンプトンビーチ」ここは本当にローカルで、地元の人たちの憩いの場になっていました。ビーチでオーケストラをやっていたり、本当に時間がゆったり流れていました。西海岸の太平洋とは違って太陽が海に沈まないので、そこもまた不思議な気分でした。僕の中で大好きなビーチです。


Boston, Massachusett

6/27

持参した炊飯器作ったおにぎりが僕たちのランチでした。笑

憧れのフェンウェイパークはやはりレッドソックスの歴史と伝統を感じさせる球場でした。

ボスキャリ以来の2回目のボストンでしたが、ボストン周辺はとにかく渋滞がひどくドライバーのマナーが驚くほど悪いのが気になりました。


Manhattan Island, New York

6/28-29

ニューヨークには2日間滞在。実はマンハッタンは2回目のモーくん。なので今回は行きたいとこを絞ってじっくり見ました。自由の女神と911メモリアルミュージアムです。ワールドカップ期間中ということもあり、日本代表のユニで闊歩していたらアメリカ人やメキシコ人から日本頑張れ!とエールをもらいました。改めてサッカーの良さを感じました。911ミュージアムでは墜落直前の飛行機からかけられた最後の電話音声などで思わず涙してしまいました。とても考えさせられた一日でした。三人ともブルーになってしまいましたが…w


Baltimore, Maryland

6/29

ボルチモアでは野球観戦!オリオールズをしっかり見てきました。ファンもとても温かく、何よりここの球場カムデンヤードは全米でも屈指の人気を誇るbaseball parkなんです!伝統とモダンをうまく融合して90年代に作られました。公園、ショップ、フィールド、スタンドが全て一体していて子供、カップル、家族、お年寄りと全ての人が楽しめるような構造になっていて非常に感心しました。日本もこういう球場が増えると良いですね!治安が悪い場所ももちろんありましたが、ボルチモア良い街でした。


Washington DC

6/30-7/5

アメリカの首都DCには4日間滞在して、国会議事堂、ホワイトハウス、博物館などゆっくりみて回りました。7月4日の独立記念日の花火もキング牧師がスピーチをした場所でも有名なナショナル広場で見ました。やはりアメリカの首都だけあって盛り上がりは最高でした。アメリカ人の愛国心を感じました。

もちろんナショナルズの本拠地ナショナルズパークで野球観戦もしてきました!この数日後、ここでオールスターゲームも行われました。


Atlanta, Georgia

7/5-6

ずっと行ってみたかったアトランタ。

CNN本社で実際にニュースのスタジオを見学するツアーに参加してきました。24時間365日世界にニュースを発信し続けているCNNのすごさを身をもって体験しました。

そしてアトランタの一番の目玉!コカコーラミュージアムです!

まず入場と同時にコカコーラが配れるほどコーラだらけ!

ここではコカコーラの歴史を学ぶだけではなく、世界中のコカコーラを好きなだけ試飲したりすることができるんです!コーラオタクのモーくんにとっては本当にたまらなく幸せな時間でした。

不思議な魅力に惹かれて3年前にアメリカに来てからずっと行きたかったアトランタ。綺麗な街、美しいビル群、温かい人々、日本の夏に少し似ているような気候、改めて好きな街になりました。また来たいな!


Orlando, Florida

7/7

オーランドではディズニーワールドを華麗にスルーして、ハリウッドビーチへ。やっぱフロリダの海はリゾート感がすごいです。

ディズニーワールドでインターンするUCRのまりこちゃんとも再会!


Miami, Florida

7/8

アメリカなのにアメリカっぽくないマイアミ。キューバとかカリブ系の匂いがプンプンします。メキシコ+キューバ÷2って感じ。マイアミビーチ沿いはとにかく夜になっても賑やかでイカツイ!マイアミで一番感じたのはこのイカツイということでした。人も車も街も。ネオンに輝く夜のマイアミはとてもエキゾチックでした。


Everglades National Park, Florida

7/8

エバーグレイズ国立公園というビジュアル系バンドの曲名にありそうなキーウェストに入る直前のワニが見れることで有名な国立公園。数週間前のハリケーンでパーク内はめちゃくちゃに荒れていてまるで朽ちたジュラシックパークのようでしたが、無事にお目当のワニさんも見ることができました!初野生のワニ!


Key West, Florida

7/9

そしていよいよアメリカ最南端キーウェスト。これにてこの一周旅最大の目標である東海岸縦断を達成したのでした!両側に海が広がるオーバーシーズハイウェイ。有名な7マイルブリッジも最高に気持ちが良いドライブコースでした。キーというのは島のことでキーが点々としている最後がキーウェストということです。小さいながらもちゃんとした街になっていて、とても良い雰囲気でした。やっぱカリブ海は西海岸の海とは違ってあったかいし綺麗です!最後にしっかりアメリカ最南端ポイントのブイで記念撮影。


New Orleans, Lousiana

7/10

待ってました!Jazz発祥の地ニューオーリンズ!どこにあるかはさておきこの都市名は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?アメリカは南部のルイジアナ州という所にあるこの音楽の街。州旗からもわかるようにフランス統治の歴史があるだけに街の雰囲気もそれっぽい。おしゃれ!フレンチクォーターのバーボンストリートを練り歩けば、聞こえてくる楽しい音色たち!南部ということで少し怖さもありましたが、IDなしでもバーに入れてくれた優しいセキュリティのおっさんはじめ、みんな純粋に音楽が大好きなんだなって感じました。音楽で育ち、音楽に夢見、音楽を心の底から楽しんでる!この街は1日じゃ絶対足りません!またカムバック必須です!


Houston, Texas

7/11

ヒューストン、ヒューストン。で有名なNASA🚀🌕の本部があるテキサス州ヒューストン。モーくんがシアトルのコミカレ時代に仲の良かったジェニちゃんとも再会してザリガニを食べました!初ザリガニは悪くなかったwそしてヒューストン宇宙センターにも行きました。個人的にテキサス州の州旗がすごい好き。全米で唯一加盟という形で合衆国の一州になった歴史ある州。やはり独特の愛国心というか愛州心がビシビシ伝わってきました! 州旗と星条旗を同じ高さに上げることが許されてるのは全米でもこのテキサス州だけだと思います。


Austin, Texas

7/12

全米住みたい街ランキングでも常に上位にランクインするオースティン!気温は90°以上あるのにもかかわらずその暑さを感じさせない涼しい風と乾燥した気候がとても心地良いです。街も綺麗で人気の理由が少し分かる気がします。テキサス大学がハンパなく良いキャンパスでした🐂


El Paso, Texas

7/13

メキシコ国境の町エル・パソ朝ご飯に美味しいメキシカン料理をいただきました!


Phoenix, Arizona

7/14

本当はフェニックスで一泊予定でしたが、カリフォルニアも目前ということですっ飛ばすことに。見てください。二人とも死んでますw

夕日をバックに最後の記念撮影。

42度越えの砂漠地帯。生死の境を彷徨いました。


Riverside, California

7/14

そしてついに我らが故郷。カリフォルニアに帰ってきました。


最後に

今回こうしてこの旅をすることができたのも家族、そして友達のみんなのサポートがあってのことです。車に冷房がない中、死にそうになることも多々ありましたが、応援の声や様々なアドバイスいただき本当にありがとうございました。

本当に素晴らしい人生で一度できるかできないかの経験だと思います。この旅を通して様々なことを学び、そして感じました。それはブログでも動画でも何らかの形で伝えて行きたいと思っています。

そして、本当に最後の最後になりましたが、この旅を共にしたJohnとTAKEにも本当に感謝しています。

旅をする前までもそこまでお互いを知る時間があった訳ではありませんでしたが、こんな無茶苦茶な旅に行きたい!と声をかけてくれました。なかなかそういうクレイジーな野郎を見つけるのって難しいことだと思うんです。三人ともボケ担当で車内の収拾がつかないようなこともたくさんありましたが、そんな絶妙なバランスもあり、この三人だからこそできた一周旅だと思います。一緒に暑くて汗だくで死にそうになったことや一緒に走った道路、そして一緒に見た景色は決して忘れることはないでしょう。

ありがとう。そしてお疲れ様。

モーくん。