何が起こった!?前代未聞のアカデミー賞

火曜日が今週もやってきました!!!

今週の「Movie Night-ムービーナイト!-」のトピックはもちろん!

つい先日発表されたばかりのあのアカデミー賞!いやぁ大波乱でしたねw

作品賞発表のあの時、一体何が起こったのか!?解説していきたいと思います。

また直前に更新した記事『第1回モーくんのアカデミー賞直前!チキチキ!ぶっちゃけ予想大会』の予想はどれだけ当たっていたのか!?も公開していきたいと思います!(とても誇れるような内容ではないw)

どうもモーくんです。いやぁ今回のアカデミー賞、前代未聞のやらかしが発生してしまいましたね…

それはクライマックス、最も重要な賞「作品賞」の発表の際に起こりました。まずはご覧ください!

一見封筒の中身を読み上げたおじいちゃんベテラン俳優のWarren Beattyが読み間違いをしたように見えますが、今明らかになっている情報では、アカデミー賞の結果管理をする英コンサルティング会社PwCの会計士二人のうち一人が間違った封筒をWarrenおじいちゃんに渡してしまったようです。

アカデミー賞の選考は絶対外出厳禁で厳密に行われるため、賞の結果が入った封筒は各二通づつ、別々に2つのスーツケースに入れられ、二台の車で別々に会場に運ばれるそうです。(交通事故や渋滞などの不測な事態に備えて一台が会場にたどり着けなくても、もう一台でカバーできるようにだそうです。)つまり受賞者の紙が封筒に封印された後、名前を知ることができるのはPwCの会計士二人のみ。二人の会計士は受賞者24人の名前を暗記し、結果発表時には二人がそれぞれ舞台脇に左右で待機しプレゼンターに各部門賞ごとに書類ケースから封筒を渡すという手順だそうですが、片方の担当者が一度主演女優賞用に使われた二通あるうちの一つをスーツケースにしまい忘れ、それを作品賞発表の際にまた渡してしまったということです。

よく見ると最初に封筒を開けた段階でWarrenおじいちゃん「あれっ?おかしいな」となってる様子が伺えます。おどおどしてこれで合ってるかどうか自信がないWarrenおじいちゃん、隣にいたこれまたベテラン名女優の Faye Dunawayが「光栄なのよ!おじいさん自信持って!」と励ますもWarrenおじいちゃんはどうも何かが引っかかる。中々読み上げられません。そしてWarrenおじいちゃんは一か八かの賭けに出ました。無言でFayeおばあちゃんにメッセージを送り、封筒の中身を見せたのです「ばあさん、この封筒間違ってはいないかね…?」(チラっ)Fayeおばあちゃん「あらLALALANDじゃないの、私の予想通りだわ。もう私が言ってあげましょう、おじいさん。んーーーーハイっLALALAND!!!!」

WOOOOOOO!

Warrenおじいちゃんが渡された封筒には「Acterss in a Leading Role, Emma Stone, LA LA LAND」と書かれたものでした。これ被害者はもちろん受賞スピーチまでしているところだったLALALANDチームであることは間違いないですが、Warrenおじいちゃんもとんだ赤っ恥かかされたもんです。その後、何が起こったのかを必須に説明するも終始震えが止まらないWarrenおじいちゃん。今にも泣き出してしまいそうなWarrenおじいちゃんのあの表情に誰もが気を悪くしたことでしょう。これはPwCの会計士は土下座必須ですね、これ。PwCは83年に渡りアカデミー賞の結果を管理してきたそうですが、信頼に大きい傷がつくのは間違いないでしょう。

ホストのJimmy KimmelもこれはSteve Harleyのせいだ!って皮肉っていますが、あの2015ミスユニバースのSteve Harleyを彷彿とさせる歴史的大失敗!

以下、モーくんの各部門別予想リストと受賞リストです。ピンク色は正解。線引きは不正解です。

さてモーくんは24部門中何部門正解だったでしょうか!?


作品賞(Best Pitcure)

『La La Land 『Moonlight』

監督賞(Best Director)

『La La Land』

主演男優賞(ACTOR IN A LEADING ROLE)

CASEY AFFLECK『Manchester by the Sea』

主演女優賞(ACTRESS IN A LEADING ROLE)

EMMA STONE『La La Land』

助演男優賞(ACTOR IN A SUPPORTING ROLE)

MAHERSHALA ALI『Moonlight』

助演女優賞(ACTRESS IN A SUPPORTING ROLE)

VIOLA DAVIS『Moonlight』

脚本賞(Writing Original Screenplay)

『La La Land』『Manchester by the Sea』

脚色賞(Writing Adapted Screenplay)

『Moonlight』

視覚効果賞(Visual Effects)

『Doctor Strange』『Jungle Book』

美術賞(Best Production Design)

『La La Land』

撮影賞(Best Cinematography)

『La La Land』

衣装デザイン賞(Costume Design)
『La La Land』 『Fantastic beast and Where to find them』

長編ドキュメンタリー賞(Best Documentary Feature)

『Fire at Sea』 『O.J.: Made in America』

短編ドキュメンタリー賞(Best Documentary Short Feature)

『The White Helmets』

編集賞(Film Editing)

『La La Land』『Hacksaw Ridge』

外国語映画賞(Best Foreign Language Film)

『Land of Mine』 『Salesman』

音響編集賞(Sound Editing)

『Hacksaw Ridge』『Message』

録音賞(Sound Mixing)

『La La Land』『Hacksaw Ridge』

メイクアップ&ヘアスタイリング賞(Best Makeup and Hairstyling)

『Suiside Squad』

作曲賞(Original Music Score)

『La La Land』

主題歌賞(Best Original Song)

“City of Stars”『La La Land』

長編アニメーション賞(Best Animated Feature)

『Zootopia』

短編アニメーション賞(Animated Short Film)

『Piper』

短編実写映画賞(Best Live Action Short Film)

『ENNEMIS INTÉRIEURS』 『Sing』


結果は24部門中14部門正解!(微妙〜w)

<総評>

 作品賞は過大評価過大評価って言われてたけどやっぱりLALALANDにとってもらいたかった!LA舞台でさえもハリウッドへのラブコールは届かなかった…でもLALALANDで監督賞をGETしたデイミアンチャゼル監督なんと38歳という若さで堂々の最年少受賞。前作「セッション」もLALANDを撮るために、有名になって撮りたい映画を撮るために撮ったという裏話も。それだけやっぱりこのLALALANDっていう映画は何か映画を作る人の力っていうのが他の映画にはない程伝わってくる作品でモーくんの生涯ベスト5に間違いなく入ってきましたね。

あとは視覚効果にドクターストレンジではなくジャングルブックは予想外でした。万華鏡映像よりもフルCGIがインパクトあったかぁ…衣装デザインに『ファンタスティックビースト』は本当に理解不可能。そもそもあの映画本当になんであんな評価されているのか疑問です。それこそ過大評価でしょう。(ファンタビが嫌いすぎるモーくん笑)録音賞と音響編集賞でハクソーリッジ逆だったのが本当に悔しい。あの映画の音は本当に凄まじいっす。戦場の音、飛び交う弾丸の薬莢の音など背筋が凍りつきましたね。長編アニメは Moanaをしのいで『Zootopia』いや絶対そうでしょう!Moanaは歌で勝負のどっちかというとアナタイプ。短編アニメではやはりピクサーの『Piepr ひな鳥の冒険』!短編ですが深くて元気がもらえる好きな作品なだけに本当に嬉しい!たった3分の制作に四年半もかかってるっていうのがもうなんていうか感動ですよね。

まとめると昨年は本当に良い映画が多い中で『LALALAND』『Moonlight』『Manchester by the Sea』 というBIG3に加えて、『Message』 『Hacksaw Ridge』 『Fence』『Dr. Strange』などユニークで面白い作品がずらり。ノミネートされたものの受賞を逃した『Rogue One』はラスト15分だけならモーくん個人的に間違いなく2016年一番でしたw

しかし賞レースは誰が勝っても気持ちよく終わりたいですよねえ。幕引きがとても残念なアカデミー賞になってしまいました。

ちゃお!

モーくん。モーくん ニヤ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

当ブログを運営しているモーくん(27)です!
大学4年で一年停学し、22歳でアメリカへ留学。後に大学を中退し、アメリカの大学で一年生からやりおなし、26歳でようやく卒業。
現在はロサンゼルスの日系企業でOPTとして働いてます。
趣味は旅。アメリカ一周走破・世界10カ国制覇。

コメント

コメントちょ。

目次
閉じる